最近流行りのNFTアートとは?イラストや音楽など作製できる人必見です

副業

セミリタイヤを目指して娘と奮闘中のまやえです。

今回は、NFTアートについて紹介していきたいと思います。

元々は、ブログで使用しているイラストなどを他に活用できないかと考えており、その方法の一つとして、NFTアートというものが存在することを知りました。

自分でイラストを描ける人、作曲ができる人、動画が作れる人…そんな人で、自分の作品を多くの人に知ってもらいたい、販売したいと思っているならこの記事を読んでください。

みわち
みわち

みわちもNFTアートにさんかできるよかん…!

NFTとは?

NFTとは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、データ管理の際に高度なブロックチェーン技術を活用することによって改ざんを防ぐ仕組みです。

資産とは、今までわたしたちは“モノ”として目に見え手に取れる形でした。しかし時代も変わり、仮想通貨が流行し始め、だんだんと資産は“形あるモノ”から“形ないモノ”に変わりつつあります。

資産を“形ないモノ”にするメリットは、場所を取らない・誰かに預けるのではなくみんなで管理する・改ざんができない・所有者などのいろいろなデータを記録できる・唯一性を証明できる などです。

日本では未だなかなか浸透しきれていない思想でもありますが、そのセキュリティの高さや利便性から、将来的には“形ないモノ”にみんな移行すると予想されます。

では、そのNFTのアート作品「NFTアート」とはなんでしょうか。また、何ができるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

NFTアートとは

NFTアートとは、上で説明したNFTとデジタル作品を組み合わせたものです。デジタル作品とは、自作のイラストや音楽、動画、自分で撮影した写真などです。

NFTは基本的にイーサリアムのブロックチェーンが利用されており、売買でもほとんどの取引所はイーサリアムを採用しています。

イーサリアムはビットコインに次いで世界的に支持されている仮想通貨です。このイーサリアムとNFTアートは切っても切り離せない関係なので、NFTアートという存在が世界的に当たり前になると、よりイーサリアムの力も増すと考えられています。

NFTアートは、上で説明した通り、様々な情報を記録したり、改ざんを防いだりすることができます。今までは、デジタル資産の課題として誰がこの作品の作製者なのかわからなかったり、ある人が自分が作った作品だと偽ったりすることがありました。NFTアートはこれらの問題も解決してくれる仕組みです。

自分のデジタル作品を世に出したい人は、NFTアートについて調べると良いかもしれません。

みわち
みわち

NFTアートのはんばいほうほうもごじつせつめいするよていだよ!

NFT専用ショッピングモール

「cryptomall(クリプトモール)」とは、「デジタルNFT」と「アナログNFT」とを組み合わせた世界初のハイブリッドNFTマーケットプレイスです。デジタルNFTを購入すると、真贋証明付きの商品が購入できる、世界で初めてのマーケットプレイスです。

cryptomall(クリプトモール)は、ブロックチェーン、NFT、マルチシグ認証を採用した特許取得済み「鑑定証明システム®」技術により、本物の商品しか売買されないマーケットプレイスを実現しています。

みわち
みわち

ネットでブランドものをかうのがこわいってかんがえるひともまだいるから、こういうしくみはうれしいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は簡単にNFTやNFTアートについて紹介しました。

時代は目まぐるしく変わり、自分では想像もつかないような世界が常に広がっています。自分もつい最近まで、NFTはおろかブロックチェーンとはなんぞやというレベルでした。しかし、理解が追い付かないこの間も世界は広がっています。

セミリタイアを実現するためには、常に最新の情報を把握していないといけません。日々忙しいですが、仮想通貨は楽しさも味わえます。

次回以降、NFTの作り方や販売方法なども紹介できるといいなと思っています。

ブロトピ:今日の芸術・人文情報ブロトピ:ブログを更新しました!ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:こんな記事書きました!ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました